障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
過去の心の声

心の声
  リクルート 求人情報


心の声

2021年3月 卒園児ゆういちくん

卒園児ゆういちくんお久しぶりです! 14年前に卒園した谷戸雄一の母です。
今年、無事20歳の成人式を迎えたので、カンガルーの先生たちに是非ご報告をと思ってご連絡したのですが、3月で閉園されると聞き、驚きました。

雄一は、卒園後は養護学校に12年間通い、2年前から4か所の通所施設を併用して楽しく過ごしています。
今は身長が125pくらいで体重22s。相変わらず小柄ですが、その分、入浴などは助かっています。
笑顔がとても多く、周りの皆さんに、癒される〜と言われ、可愛がられています!(親ばか(#^^#))もちろん母にとっても、本当にかわいくて癒しの存在となってくれています。

今では車いすや歩行器を上手に操って好きな場所に移動したり、疲れると「引っ張って〜」と言っているかのように介助者に手を伸ばして甘えたり、の雄一ですが、この原点は、背這いから始まったカンガルー保育園での生活だったなあと、懐かしく思います。
経管栄養で嘔吐の多い雄一を保育園でどうケアしていくか、先生方はいつも前向きに考えてくださいました。
そして、ほとんど不可能と思われた両親共働きの生活は、カンガルー保育園との出会いで実現でき、その後も母が介護短時間勤務制度等を使いながら、現在までずっと共働きを続けてくることができました。
昨年からはコロナ禍の為、母はほとんど在宅勤務になり、身体的には随分、楽になりました。雄一の嘔吐だけが、相変わらずちょっとやっかいですが。

卒園児ゆういちくんこれからも障害を持つ子の親として、各種福祉サービス等を利用し、できるだけ自分たちが暮らしやすい環境を作りながら生活していきたいと思っています。保育園探しの時にあきらめずに探した結果カンガルー保育園に出会えたように、きっと良い方法、出会いがあると信じて。。。

開園からこれまで、園長先生、冨永先生、川野先生、本当にお疲れ様でした。
閉園されてしまうのは寂しいですが、4月からも別の形で医療的ケア児の支援をされるとのこと、障害児の親にとっては有難く心強いことで、とても嬉しく思います。陰ながら応援しています。
いつか状況が落ち着いたら、雄一を連れて遊びに行きますので、その時はよろしくお願いします!

 
今回の「心の声」はいかがでしたか? ぜひみなさんの生の声をお聞かせ下さい!!
共感した  別の意見を持った  その他
その他ご意見はこちらへ
お名前
メール

送信していただいてもこちらからの返信がない場合、文字化けしている可能性がありますので、恐れ入りますが再度ご連絡をいただけます様お願い致します。


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト