障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
過去の心の声

心の声
  リクルート 求人情報


心の声

2016年2月 みんなの声

綾 優太くん

綾 優太くん「月刊ゆうた(自称)」です。

1月に、優太は6歳の誕生日を迎えました。
5歳を過ぎた頃から、「ゆうちゃん」と呼ばれる機会が徐々に減り、「ゆうたくん」と呼ばれる頻度が増えてきました(保育園のお友達からはずっと『ゆうたくん』でしたかね)。

ところで、「ちゃん」と「君」の境目は、一般的にはどこなんでしょう?ふと気になったので、たとえばマスコミではどうしているのか、ニュースの原稿を作るのにどう使い分けているのかを、ネットを漁って調べてみました。
この点、使い分け方(用語用字)のルールは、業界団体で話し合ってはいるものの、最終的にはマスコミ各社が独自で基準を決めているようで、各社ともだいたい「高校生から小学生が『君』で、就学前までが『ちゃん』」で落ち着いているみたいです。たとえば、『記者ハンドブック』(共同通信社)によると、「『君』は高校生以下、『ちゃん』は主として小学校入学前、小学生でも事件の被害者や特別なケースでは適宜『ちゃん』を使用してよい」のだそうです。
あ、そういえば、一昨年、共同通信の取材を受けたんだった。たしかあのときは;
「横浜市のNPO法人カンガルー統合保育園。「きのうは何をしたの」という保育士の問いかけに、輪になった子供たちが順に答えていく。その中に、人工呼吸器を付けた重度障害児の綾優太君(4)の姿があった。」(日本経済新聞電子版、2014年8月6日配信)
……あれあれ?(笑)

綾 優太くん閑話休題。
優太の体はいまも身長110cmの体に対し体重は10kg少々しかありませんが、6歳にもなれば不思議なもので、すっかり「ゆうた『くん』」と呼ばれるのが、年相応に板についてきた感じがあります。
 そして、この4月1日からは、いよいよ「学齢」です。
 
さて、ご笑覧いただきました「月刊ゆうた(自称)」は、次回がいよいよ最終回だそうです。
担当の先生からは「卒園式を踏まえた内容に」と言われていて、しかも卒園式から10日余りで学校の入学式が来てしまいますので、とにかく時間がない!
いまのうちに、予定稿でも書いておこうかしら。
「涙と感動の卒園式でした!(TT)」みたいな(笑)
長くお読みいただいている皆様はきっと、「そんなこと書くわけないでしょ」「どうせ『くしゃみと鼻水の卒園式でした』とか書くくせに」とお感じになられていることでしょう。
んー、私からはノーコメント。



柴田 悠ちゃん

柴田 悠ちゃん周りでインフルエンザが流行ってると、ちらほら聞くようになり、まだまだ寒い日が続きそうですが悠は元気に過ごしております。
最近の悠といえば、とにかく食べる!
お正月、おばあちゃんの家に帰ったときも、おばあちゃんが心配するほど食べていました。
母も子供の頃からよく食べると言われてきましたが、悠も負けず大人に近い量を食べる程になりました。

悠が4歳頃だったか(記憶が曖昧…)身長体重共に成長曲線を大きく下回っていて心配になりました。
外出先で、知らない方に声をかけてもらった時も「3歳くらい?」など悠の年齢を当てられることはほとんどありません。
それまでは、小さくても「そのうち追いつくだろう」と気軽に考えてましたが、少しずつ大きくなり、自分で歩き、ごはんもよく食べ体調も頻繁に崩すことの無くなった悠を見てると急に心配になりました。
生まれたばかりの時に、主治医から「身長がなかなか伸びないので成長ホルモンの検査をしよう。」と言われたことを思いだしました。
その検査では問題はなかったのですが、ネットで調べてみては心配が増えるばかり…。
そこで、かかりつけの病院でホルモンの検査をしてもらいました。
結果は…異常なし。安心しましたが、逆にでは何故小さいのだろう?と、疑問に思いました。
もちろん風邪を引いて長引いてしまったりした時は体重もグッと減ります。
お腹が空いても点滴のみだったり…
赤ちゃんの時は、口からの食事を嫌がったりする時期もありました。
そう考えると小さい事も仕方ないのかなと納得しました。
先生からは、好き嫌いの無い食事と良い睡眠、生活のリズムが大事だと言われました。
体は毎日の積み重ねが大事だと思った瞬間でした。

柴田 悠ちゃんそれからは好き嫌いをなるべくさせず、色んな物を食べさせるように気をつけています。
まだ口から食事を嫌がった時期からしてみたら、食べるようになった事で贅沢な悩みなんだなとも思いました。
そして1月に測った測定では1ヶ月前と比べると急にグッと伸びた身長にびっくりしました。
もちろんまだまだ成長曲線の年齢平均からすると、とっても下なのですが…
これが心配する程食べてたお正月パワーか!なんて思ったり、気にしていたけれども、ちゃんと育っていました。

食べる事への興味がとても増えた悠にはこれからも沢山食べてスクスク育ってほしいです。
そして何年か前の、食べてくれない悠と戦っていた自分にも大丈夫だよと伝えてあげたいです。

今回の「心の声」はいかがでしたか? ぜひみなさんの生の声をお聞かせ下さい!!
共感した  別の意見を持った  その他
その他ご意見はこちらへ
お名前
メール

送信していただいてもこちらからの返信がない場合、文字化けしている可能性がありますので、恐れ入りますが再度ご連絡をいただけます様お願い致します。


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト