障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
過去の心の声

心の声
  リクルート 求人情報


心の声

2014年3月 みんなの声

綾優太くん

綾優太くん

「月刊ゆうた(自称)」3月号です。
日々、暖かくなってきていますね。

私(ゆうた父)にとって、この時期最大の悩みは、確定申告よりも年度末の多忙よりも、花粉症です。
しかも、風向きによっては中国からPM2.5もやってくるそうで・・・早めに抗アレルギー薬を服用して対策を講じている私ですが、薬の力にも限界がありますので、卒園式から桜の頃にかけては、基本的にマスクを装着することになりそうです。

 この点、ゆうたは平気です。
綾優太くんなぜなら、彼の人工呼吸器には、空気清浄機と同等の性能をもつHEPAフィルターが装着されているからです。
この高性能フィルターのおかげで、花粉はもちろん、PM2.5もタバコの煙も、へっちゃらです(ゆうたのまわりの喫煙者のみなさん、いつもお気遣いありがとうございます。
そして、ゆうたが煙の影響を受けにくいことを黙っていてごめんなさい。私がタバコの煙が苦手なもんで)。

というわけで、ゆうたよ、また焼肉屋さんとか焼き鳥屋さんに行こうな。父さんはダイエット中だけど。


瀧川六花ちゃん

瀧川六花ちゃん

瀧川パパです。
いよいよ2月も終わり、3月になります。これで六花はカンガルー統合保育園を卒業することになりますが、4年の間の日常を振り返って、仕事と少しではありますが育児の両立で思ったことをお伝えさせていただきたいと思います。
毎朝私が朝ご飯を一緒にし、導尿して保育園に送る担当をしていました。朝の送りを担当することで、仕事を少し後ろにシフトさせざるを得なくなり、朝しか会うことがない生活が続くことなってしまいました。

仕事を後ろにシフトさせていたとしても、当然私の仕事はルーチンワークではないものですから、朝の打ち合わせなど入ることが多々あります。出来る限り妻の助けを得たりしていたのですが、どうしても六花に鞭打って朝ご飯、お支度を急がせるということもありました。
そのとき、私は自分の仕事のことしか頭になかったので当然遅れちゃう!という焦りから、早くして!という一点張りで六花にあたることをしてしまいました。
これが六花にしてみるとがんばっているのになんで怒られるの?という疑問につながり、当初は大泣きをして結局遅刻をすることがあったりしました。年長になってくると仕事という理解も深まり、状況は理解してくれて怒ることもなくなってきました。
叱るというのならいいですが、怒るということは相手のことを尊重せず行動してしまう訳ですから、今思い返すと六花は頑張っている自分もみてほしいということだったのかなと思っています。
怒った日の夜は、六花の寝顔をみるとごめんねと反省の心しかありませんでした。
自分のことしか考えていなかったのを自分でも申し訳なく思い、怒った日は必ず後悔の念でいっぱいでした。
瀧川六花ちゃん私からごめんねと素直に言えなかったのが申し訳ないと思っています。
卒園までにそのことをきちんとお話しして伝えたいと思います。
六花は、将来の夢は看護婦さんというようになりました。
これは本人も大人になってからのお仕事というものを理解し始めたからではあると思うのですが、
職種については、カンガルー統合保育園で先生のみなさまのケアしていただいている毎日であったり、何回も通った病院の看護婦さんが六花のことを優しくしてくれたりするのを見て、本人もそうなりたいと望んでいるのだと思っています。
そんな素敵な保育の場であったカンガルー統合保育園に感謝の気持ちしかありません。

あと1ヶ月になりますが、よろしくお願いいたします。


村山陽奈ちゃん

村山陽奈ちゃんひなの『心の声』最終回になります。
2月で退園なんて・・まだ実感わきません。
お友達もたくさん出来たし、いろんな遊びも体験したし、たくさんの先生との出会いがあり、私たちの知らないひな自身の社会と思い出が作れた場所だったと思います。
パパにはパパの、ママにはママのお仕事やお付き合いがあり、それぞれの社会があります。
たくさんの人と出会い、いろんなことを感じて成長してほしい。そんな思いで保育園に入れました。
障害があることで制限されることが多い生活の中で、普通の子供たちと同じことができる貴重な場だったと思います。
先日、同じかかりつけの病院の呼吸器をつけている子供を持った2人のママからカンガルー保育園について聞かれました。
そのママもかつての私のように「お仕事に復帰したい」「我が子を保育園に行かせたい」という思いでいろいろ探していたようですが、どこからもお断りされカンガルー保育園にたどり着いたそうです。
HPを見るとひなが出ていてビックリしたそうです。
村山陽奈ちゃん入園に向けて前に進んでいるようなので、保育園で会えるかもしれません。楽しみです。
ひなもせっかく仲の良いお友達がたくさん出来たし、またみんなと会いたいので5月か6月くらいから『一時預かり』で週2回くらいで再入園できれば・・と思っています。
それまでみんなひなのことを忘れないでいてください。
この場を借りて先生方、カンガルー保育園のお友達、お友達のパパとママに感謝とお礼を申し上げます。『ありがとうございました。またお会い出来るのを楽しみにしています。』

今回の「心の声」はいかがでしたか? ぜひみなさんの生の声をお聞かせ下さい!!
共感した  別の意見を持った  その他
その他ご意見はこちらへ
お名前
メール

送信していただいてもこちらからの返信がない場合、文字化けしている可能性がありますので、恐れ入りますが再度ご連絡をいただけます様お願い致します。


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト