障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
過去の心の声

心の声
  リクルート 求人情報


心の声

2013年12月 みんなの声

瀧川六花ちゃん

瀧川六花ちゃん

六花ママです。今月も私が担当します。
またもやパパが長期出張で出掛けておりまして、しばらく2人暮らしをしていました。
パパの我が家での仕事は、主に私が寝ているか不在の間に繰り広げられています。
朝の六花の準備や送り、ゴミまとめ、夜中の導尿、夜中の片付け…等々、いなくなりますとかなりの戦力ダウンです。
祖母にも手伝いに来てもらいましたが、一緒に生活してみると意外に厳しい祖母に「ばあば、いつ帰るの?」なんて言って悲しませてしまい、泣く泣くばあばは帰ってしまいました…。
そんなこんなで1人ではできることに限りがある…なんて言い訳しながらコタツも出して自堕落な2人暮らしだったため、楽しかったけれども家が荒れました…。
ついにはあの怪獣散らかし魔が、「パパが帰ってきたらゴチャゴチャうるさいから片付けよう」とつぶやきました。そうしてパパの帰宅直前に、何とか元の姿を取り戻したのでした。
今回は、こんな感じで家の事を全部1人でやるとなると、家庭内でちょっとでも自分がしなくて良い事があると楽だなぁ、と実感しました。
保育園に預けた時、常に従っていた医療ケアの3時間サイクルから解放されて、心底楽になった気分を思い出しました。家族にも保育園にも感謝感謝です。

話は変わって来月は六花は半年ぶり通算6度目の手術をします。
何度も何度も…本当に頑張ってくれるので、もう頑張れって言えないくらいです。でも、六花は保育園でまた皆に会えるのを励みに頑張るそうです。
また、年明けしばらくしてからの登園になりますので、少し早いですが、皆様今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


綾優太くん

綾優太くん

「月刊ゆうた(自称)」12月号です。
11月はほぼ丸々1か月、入院していました。
PEGを造設する(いわゆる胃瘻。栄養を鼻から胃まで挿入したチューブではなく、胃に直接送れるようにする)手術のための入院だったので、まあ2週間程度の入院だろうと踏んでいたのですが、手術の直後に気胸(肺に穴があいてしまう病気)を発症してしまい、その治療のために入院が長引いてしまいました。
子どもの調子が大人の都合におかまいなく狂ってしまうことは、まあよくあることですが、ゆうたの番狂わせは日常茶飯事。
そういえば、10月の運動会。この日は10月なのに真夏日となったとても暑い日だったのですが、ゆうたは暑さでバテてすっかりのびてしまいました(写真では誇らしげにしていますが、これは運動会が終わって帰宅後に撮ったもので、この数時間前まではヘタレそのものの状態でした)。
ああ、その前も、3月の卒園式・発表会でも、ステージ上で発熱(苦笑)。
そして、今般はまるまる1か月病院暮らし。
ほんと、このままでは、ゆうたの「本番に弱いキャラ」が不動のものになってしまいそうです。
それでもまあ、無事に手術を終え、鼻から管を突っ込む生活から卒業できたので、よしとするべきでしょう。いまは写真にみられるようなチューブはなくすっきりした顔になっています。
さあ、クリスマスにお正月、PEGでなにを食べようか。


村山陽奈ちゃん

村山陽奈ちゃん11月20日、園外保育でみんなとバスに乗って海老名の『ファンタジーキッズリゾート』に行きました。
たしか去年はちょっと遠くの公園へ歩きでの遠足だったと思います。
バスに乗るの初めてだし、大きな遊具い〜っぱいある施設に行くのも初めて。
ちょっと前から風邪ぎみで鼻水や気管の痰もいっぱいでしたが、なんとしてでも行かせてやりたい!
ひなも行きたかったのか?熱も出さずになんとかキープして行けました。
先生のお話だと、ふわふわのボールプール・すべり台・サラサラ砂場・マスコットキャラクターとの記念撮影・トンネルなど思いっきり遊んだそうです。お友達に「ひなちゃん、こっち、こっち〜!!」と誘われ先生も必死にお供してくれたそうです。
重いのに抱っこしてあちこち連れて行くのは大変だったと思います。ほんとうに御苦労さまでした。
おかげで、またいい経験をさせることができました。
帰ってきてからは遊び疲れたのか?くったりと寝ていました。

今回の「心の声」はいかがでしたか? ぜひみなさんの生の声をお聞かせ下さい!!
共感した  別の意見を持った  その他
その他ご意見はこちらへ
お名前
メール

送信していただいてもこちらからの返信がない場合、文字化けしている可能性がありますので、恐れ入りますが再度ご連絡をいただけます様お願い致します。


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト