障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
過去の心の声

心の声
  リクルート 求人情報


心の声

2009年12月 かずよ先生

こんにちは。ひよこ・ぺんぎん組の担任の福井和代です。
9月の心の声でご両親からメッセージをいただきました瀧川六花ちゃんの担任をしていました。

りっかちゃん保育士1年目の今年の夏、六花ちゃんの入園のお話をいただきました。
学生時代から関わっていきたいと考えていた障害児保育ですが、実際に自分のクラスで受けもち、医療的ケアを始めるという期待と不安でいっぱいでした。
すぐに障害についての勉強会を始めましたが、ニブンセキツイ?コウシンコウガイレツ?聞いたことのない言葉に、導尿という日々のケア。口の中に裂け目があるって給食の時間はどうなるの?!不安は募るばかりでした。
けれど、実際に六花ちゃんと出会いお母様と何度も何度もお話をさせていただき、不安はひとつひとつの理解へつながり、手技を習得し、いよいよ六花ちゃんとすごす日々が始まりました。
しかし、六花ちゃんとすごす日々の中で大きくつまづいた部分があり、それはとても意外なところでした。
私は自分のクラスに新しく入園する子がいると、まずは「どんな子かな?好きなことは何かな?どうすると笑うかな?」と考えてきたはずなのに、このときは毎日六花ちゃんの医療的ケアとにらめっこ。六花ちゃん=導尿の子、と考えていました。
今思うとなんて失礼な考えだったんだろうと思います。
導尿の子を受け入れる準備は整えてきた。けれど”六花ちゃん”を受け入れる準備は・・・??
障害とケアばかりに気を取られ、六花ちゃんを遠くに見ていた自分がいました。それに気づいたとき、本当にショックでした。そんなことがしたくてこの園に来たわけじゃないのに・・・
そこからグッと前を向き、六花ちゃんと向きあいはじめました。
保育士として、障害について知らないことは勉強すればいい。でも自分のクラスの子の心がわからないなんて許されない。
りっちゃんの好きなこと、嫌いなこと、笑顔、泣き顔、怒った顔、全部カンガルーでは私が一番よく知らなきゃ恥ずかしい。りっちゃんと一番仲良しなのは私!!
保育士として、担任としてのプライドでした(笑)

それから六花ちゃんもクラスの友だちも同じように感じ、本当の統合保育がはじまりました。
そのうちに六花ちゃんの導尿は、看護師の先生よりもスムーズにできるようになりました。これは今でも私の大きな自信です。

今では六花ちゃんはひとつ上のぺんぎん・こあら組ですごしています。
担任としての手は離れたけれど、いま誰かに「六花ちゃんってどんな子?」と聞かれたら、「頑固でちょっと怖がりで明るくてお友達が大好きで小さい子に優しくて・・・導尿?そういえばそんなこともあったね」なんて医療的ケアはおまけのおまけになってしまうと思います。

医療的ケアを行う保育士として、最も大切なことを教えてくれた六花ちゃん。
そして六花ちゃんに出会わせてくださったお父様お母様、本当にありがとうございます。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。


研修レポート

11月7日、8日に「第4回かながわ医療的ケア実務者研修会」に保育士6人で参加してきました。(資格取得見込み2人含む)

研修は2日間。1日目は体の仕組みや吸引の仕方の説明、ケアを受ける当事者の声を聞いたり、医療的ケアの法的な位置づけなどほとんどが座学。2日目は実際のケア実施を体験してきました。呼吸の介助法や人形を使っての吸引や注入。
 今回の実技の研修のなかで自分が体験したことがなく初体験になったのは自分自身が吸引されるということでした。こどもにやったことがあってもやられる側の痛みや恐怖を身をもって体験したことはこれからの自分たちにとってとても大切な体験であったと感じています。

この研修には様々な職種の方が参加していました。
ケアの実施が法的に認められている養護学校の教員や看護師の方、逆に私たち保育士と同じようにまだ法的には認められていないものの現実の仕事の中で必要に迫られている介護員の方などが参加していました。
制度後追いの状況の医療的ケア。
自分たち保育士だけでなく多くの福祉関係者や教育関係者の方などが社会の中で制度や法律と現実とのギャップに苦しんでいることを知り、先が真っ暗で何にも見えないのは自分たちだけではないことを学ぶことができました。

この研修を通してまずカンガルー保育園でできることをみつけ更に地道に粘り強く頑張っていきたいと感じています。
心の声のページの上に先月から載せていますが、一緒に勉強をしてくださる方を募集しています。皆様の声を教えてください。お待ちしています。


お知らせお詫び

先月お伝えした横浜市への要望書について、9月中に返答を頂ける予定でしたが、未だ頂けておりません。
返答をお待ちの方々、賛同してくださった方々、大変申し訳ありませんが、ただいま交渉中ですので今しばらくお待ち下さい。詳細おってご報告いたします。
今回の「心の声」はいかがでしたか? ぜひみなさんの生の声をお聞かせ下さい!!
共感した  別の意見を持った  その他
その他ご意見はこちらへ
お名前
メール

トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト