障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
 
トップ > 入園案内〜募集要項
園目標
園のとりくみ
入園のご案内
利用規程
災害時の時

心の声
  リクルート〜求人情報

入園案内

  園目標
  • 障害児も健常児もお互いの存在を認め合い育ちあう
  • 色々なことにチャレンジして、将来の可能性を広げる

   園のとりくみ
  1. 重度の障害があり、医療的ケアが必要でも、園全体で統合保育に取り組む。
  2. 保育士が資格を持ち医療的ケアに対応し、統合保育に取り組むことで行政はじめ社会的な理解を得て、どんな子どもでも園生活を送れるような可能性を広げる。
  3. 人との関わりを大切にして思いやりの心を育む。
  4. 子どもたちが様々な経験や刺激を受け、心豊かな園生活を送れるようにする。

当園では、健常児と重度の障害を持つ子供たちがともに園生活を送っています。
健常児も障害児も一緒に過ごすことで、お互いの存在を認め合い共に育ち合うことを目的に統合保育に取り組んでおります。

統合保育を行うためには、解決すべき問題が沢山あり、日々試行錯誤が続いています。
しかし、子どもたちは驚くほどお互いを何の垣根もなく受け入れ関わっていきます。まず、一緒に過ごすことが、お互いを知る第一歩だと考えています。

このように、当園では、人間形成の重要な時期に子どもたちに統合保育を行うことで、人として大切なことを伝えていきたいと思っています。

現代社会では、色々な問題があります。例えば、好き嫌いが多く偏った食事しかとれない。人とのコミュニケーションかうまくとれない。意思をうまく伝えられない。自分で考えて行動することができない。人の立場を考えて相手を思いやれない。等々・・これらの問題は子どもに限らないことです。

この大切な時期に子どもたちに沢山の経験をさせ、一人一人が自分らしく精一杯生き、色々なことにチャレンジしながら将来の可能性を広げられるようスタッフ一同努力していきたいと考えています。

カンガルー統合保育園  園長 高倉 本江
ホームページアドレス  http://www.kangaroo-hoikuen.or.jp


   入園のご案内


H15年より横浜市より認定をうけ「横浜保育室」として運営をしています。
横浜保育室の助成対象者を満たす場合は、助成対象の料金が適応されます。
対象から外れる場合は当園の規定の料金となります。

*重度の障害や医療的ケアの必要なお子さまにも対応いたします。
*4・5歳児は横浜保育室の助成対象にはなりませんがご利用は可能です。

横浜保育室の対象者の条件
入園の際には各区役所にて支給認定申請書を提出し3号認定もしくは2号認定を受けてください。
支給認定を受けるためには以下の要件が必要です。
  1. 横浜市在住の0歳児〜2歳児 ・・・・3号認定
  2. 横浜市在住の3歳児以上   ・・・・2号認定
    *横浜保育室の対象者は各年度の4月1日時点での年齢が3歳児までですが障害者手帳を持っている、特別支援の認定を受ける必要のある等の要件があれば就学前まで対象となります。
  3. 保護者がいずれも就労している(65歳以下の同居の祖父母を含む)
    労働条件
    • 1日に4時間以上1ヶ月16日以上の就労
    • 自営や在宅、夜勤でも可。求職中の場合3ヶ月間は可
  4. 母親が出産前後である・・・母子手帳の写しが必要
  5. 保護者が病気、療養中である・・・診断書が必要
  6. 病気または障害のある親族の介護・・診断書や障害者手帳が必要
  7. その他災害などで被災された方も対象となります
  8. 川崎市在住の方も上記要件でご利用になれます。
    ただし、川崎在住の方は、3号認定、2号認定の申請手続きは必要ありません。

 

入園申し込み手順
  1. 入園案内をご覧戴き保育条件をご確認のうえお電話またはメールにてお問い合わせください。
    • 障がいや疾患をお持ちのお子様は、必ずお問い合わせの際にご相談ください。
    • 食物アレルギーがあるお子様は除去食等対応できない場合もありますので必ず事前にご相談ください。
  2. 入園を希望される方は、お問い合わせや見学をしていただいた時点で入園が可能な場合は、入園申込書をお渡ししますので必要事項をご記入の上ご提出ください。(FAXでも可)
  3. 入園申込書をご提出後、「子ども・子育て支援制度 支給認定申請書」と
    「雇用証明書等、保育が必要な書類」をお渡しいたしますので必要事項をご記入の上、お住まいの区役所のこども家庭支援課へ郵送又は持参にてご提出ください。
  4. 区役所より、「支給認定書」及び「支給認定決定通知書」が届きましたら、そのコピーを当園にご提出いただいてから入園が決定となります。
  5. 入園が決定しましたら、クラス担任と相談していただき、入園日と入園オリエンテーションの日にちを決めます。また家庭状況調査書をお渡ししますので必要事項をご記入いただき、オリエンテーションの前にご提出していただきます。
  6. 担任保育士が入園オリエンテーションを行います。
    その時に慣らし保育の日程を確認し、入園のご契約をさせていただきます。
  7. その他
    • 慣らし保育の期間が月の初めからではない場合は別途一時預かり保育料が発生いたします。
    • 入園をご希望の方は、支給認定申請が必要となりますので余裕をもってお申込みください。

 

料 金
横浜保育室対象者
月極保育料と延長保育料
年 齢
月〜金(週5日)
月〜土(週6日)
延長保育30分(登録外)
0歳児
56,000円
58,000円
500円
1歳児
54,000円
56,000円
500円
2歳児
54,000円
56,000円
500円
3歳児
50,000円
55,000円
500円
  • 保護者負担金軽減制度があります。支給認定申請をすることで市民税額を基に軽減助成額が決定します。
    (0歳児〜2歳児までが対象)※詳しくは別紙参照。
  • きょうだい児が認可園、または横浜保育室等に在籍している場合第2子以降はきょうだい児減免を受けられます。
    (0歳児〜2歳児まで18,000円 3歳児9,450円)※詳しくは別紙参照。
  • 障害者手帳をお持ちの方や特別支援の認定を受けたお子さまは横浜保育室の障害児助成を就学前まで受けられますので上記の料金と同様となります。
    1. 4,5歳児の料金は助成対象外の料金と同様です。
    2. 延長保育が必要な方はお申し出ください。
    3. 延長保育の利用方法は別紙をご参照ください。

助成対象外
月極保育料と延長保育料
年 齢
月〜金(週5日)
月〜土(週6日)
延長保育30分(登録外)
0歳児
87,000円
98,000円
500円
1歳児
75,000円
85,000円
500円
2歳児
75,000円
85,000円
500円
3歳児
57,000円
62,000円
500円
4、5歳児
48,000円
54,000円
500円
  • 対象外の方は基本的に4,5歳児になります。それ以外の入園の希望の方は、入園が可能かどうか事前にご相談ください。
  • 横浜市外在住、保育の要件を満たさない、障害者手帳を申請してない等の助成対象外の重度障害児の場合は、基本的には対応できませんのでご了承ください。

その他料金
  • 入園準備金 1,010円(園帽子、連絡帳、フォークスプーン代)
  • その他クラスごとに教材費やその他実費をいただくことがあります。
    (例 遠足代600円 お楽しみ会500円等)
延長保育の利用方法について
  1. 延長保育は基本的に平日18:30〜19:00まで、土曜日は15:30〜16:30となります。
  2. 月極延長保育を希望する方は、入園の契約時または年度初めの契約更新時にお申し出ください。
  3. 月極延長保育の希望は年度途中でも可能ですが、当月の変更はできません。翌月からの契約変更となります。
  4. 料金について
●単発での延長料金
一律 30分 500円

●月極延長保育
月〜金
月〜土
土曜のみ
30分
4,000円
5,000円
1,200円
平日19:00〜19:30 土曜日16:00〜16:30 500円/30分

きょうだい児減額(二人分の料金)

月〜金
月〜土
土曜のみ
30分
7,200円
8,600円
2,000円
平日19:00〜19:30 土曜日16:00〜16:30 500円/30分
利用方法について
  1. 単発でご利用の方は、ノートにお迎え時間をご記入ください。急な延長の場合は平日18:30土曜日15:30までにお電話にてご連絡ください。
  2. 月極めの方は、基本的にはノートに記載は必要ありませんが、いつもとお迎えの時間が変更になる場合はご記入ください。
  3. 延長保育が必要な時、連絡先がいつもと違うは場合必ずお知らせください。


   利用規程


開園時間
基本保育時間
延長保育時間
月曜〜金曜
7:30〜18:30
18:30〜19:30
土曜日
7:30〜15:30
15:30〜16:30
  1. ご利用の要件(就労等)以外でのご利用は控えてください。
  2. 上記の場合(仕事がお休み等)でどうしても保育が必要な場合は事前にご相談ください。
    その場合は9:00〜17:00までしか対応できません。
  3. 3歳児以上の場合は集団保育の必要性により、その限りではありません。
    ただし、時間は上記の通りです。
休園日
  1. 日曜日、祝日
  2. 年末年始(基本的には12月29日〜1月3日)
  3. 8月のお盆の時期と年末年始の休みの前後は給食がお休みとなりお弁当持参になります。
    この時期に合わせて長期休暇をとっていただくようお願いいたします。
登園・降園
  1. 送迎される方は家庭状況調査票にご記入ください。変更がある場合は、事前にお申し出ください。
  2. 送迎される方は、必ず登園のIDフォルダーを持参ください。IDフォルダーを忘れた場合はインターフォンを押して、その旨を職員にお知らせください。
  3. ご両親以外でお迎えに来られる方で、IDカードをお持ちでない方は、電話番号等で確認させていただく場合があります。
  4. 基本的に登園時間は9:30までとさせていただきます。欠席、遅刻をされる時は9:00までに連絡をしてください。連絡なく9:30以降に登園された場合はお預かりできない場合があります。
  5. 体調に異常があった場合はその旨連絡帳に記入いただき、登園時に職員にお知らせください。
  6. 登園停止となる感染症に関しては別紙の通りです。
延長保育
  1. 延長保育の利用方法は別紙の通りです。
  2. 連絡がなくお迎えが19:00を過ぎた場合は、違約金として20,000円をいただきます。
    また、今後は延長保育をお断りすることもあります。
保育料
  1. 保育料は月末までに翌月分を指定口座にお振込みをお願いいたします。
  2. 保育料の振込みが遅れる場合は必ずご連絡ください。連絡がないまま1が月以上遅れた場合は
    違約金として20,000円をいただきます。
  3. 保育料お振込みの延滞が続いた場合は保育の継続をお断りすることもあります。
  4. 一度収めていただいた保育料は、いかなる場合でもご返金はできません。
契 約
  1. 契約期間は基本的には年度内となり、年度末に更新をおこないます。
  2. 契約の内容を変更する場合は1ヶ月前にお申し出ください。
  3. 退園は月末とさせていただきます。退園のお申し出は退園される前月月末までにお願いします。
  4. 退園日が月の途中でも、その月の保育料はご返金できません。また、退園当月でのお申し出の場合、キャンセル料として1か月分の保育料をいただきます。
  5. 休園する場合は以下のようになります
    • 里帰り出産、保護者・児童の病気療養の理由に限り2ヶ月間保育料の免除ができます。必要な場合は休園届け(休園理由、期間)をご提出ください。
      (横浜保育室対象0歳から2歳児クラス、障害者手帳をお持ちの方)
    • 3歳児クラス以上、又は上記理由以外の休園に関しては在籍の確保を希望する場合は保育料が発生いたします。
      希望をしない場合は1ヶ月前にお申し出いただければ翌月からの保育料は発生いたしませんが他の入園希望者がいる場合はそちらを優先させていただきます。
医療的配慮
  1. 医療的配慮の必要な方は原則として9:00〜17:00のご利用に限らせていただきます。
  2. 園での与薬に関しては、原則常時服用が必要な方が対象になります。
    内容によっては医師の診断書や意見書が必要になります。
    それ以外の与薬に関しては別紙を参照ください。
    (喘息など慢性的な疾患で長期に与薬が必要な場合、熱性けいれんの対応など)
  3. 基本的に日常生活を送るための必要な医療的ケアはどんなものにも対応いたします。
    (経管栄養、吸引、吸入、気管切開の管理、けいれんの対応、人工呼吸器の管理等)
  4. 医療的なケアを要する場合、主治医の意見書や診断書が必要となります。
    詳しくは別紙を参照ください。
緊急連絡先
  1. 緊急時、すぐ保護者の方に連絡がとれるようお願いいたします。連絡が取れないようなことが続いた場合は保育をお断りする場合もあります。
  2. 緊急連絡先は基本的には保護者の会社を第1連絡先としていますが、必ず連絡が取れる
    場所を第1連絡先とし、2つ以上の連絡先をおしらせください。
  3. 一時的に緊急連絡先が変更となる場合、変更する連絡先を連絡帳にご記入の上、必ずその旨お申し出ください。
  4. 緊急時(病気や怪我、災害時等)は速やかにお迎えをお願いいたします。
保険の加入
  1. 賠償責任保険に加入しております。
    保育中におきた事故や食中毒に対して保険の範囲で対応いたします。
    状況によっては対応できない場合もありますので、各家庭でも「子ども保険」等に加入することをお勧めいたします。「子ども保険」の資料が必要な方はお申し出ください。
その他
  1. おもちゃや貴重品の持ち込みは禁止です。
  2. 朝食は必ず済ませて登園をしてください。園内での飲食はお断りいたします。
  3. 園の駐車場は1台となっており、9:00〜17:00の間は使用できません。
    マンションの入り口の駐車場をご利用ください。それ以外の駐車場はご利用できません。


   災害時の時


 広域避難場所


 鶴見小学校

 住所:横浜市鶴見区鶴見中央3−19−1



大きな地図で見る

必ず場所を確認してください
※地図は施設紹介を参照してください。

 

大規模な地震や火災が発生した場合
鶴見小学校に避難をします。
連絡が取れない場合もありますのでできるだけ早急にお迎えをお願いいたします。
大規模な地震警戒宣言が発令されたとき
  • 登園前に発令された場合は登園をお控えください。
  • 登園後に発令された場合は早急にお迎えをお願いいたします。状況によっては鶴見小学校に避難している場合があります。
トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト