障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
トップ>かんがるーえぴそーど>過去のかんがるーえぴそーど
過去のかんがるーえぴそーど
最新のかんがるーえぴそーど

過去の特集

心の声
  リクルート 求人情報

保育の様子

カンガルーエピソード

ぺんギンルーム

28年度がスタートしてはや2か月が経ちました。
本年度は0歳児ひよこ組5名、1歳児ぺんぎん組4名で計9名でスタートです。
初めのころは、泣いてしまうお子さんも多かったのですが、今では朝保護者の方と笑顔で別れることができるお友達が多くなりました。
大好きなお友達ができたり、好きな遊びに夢中になったり・・。
保育園での生活が、お子さんにとっての安心できる居場所になっていっています。

ひよこ、ぺんぎん組さんは、保育園で一番小さなクラスです。
まだ寝がえりがやっとだったり、言葉も話せないお子さんが大勢ですが、毎日新しい経験がたくさんで、いつもきらきら、わくわくした表情を見せてくれます。
これから1年たくさんの経験を通して元気で大きく育っていってほしいと思います!

ぺんぎんルーム

こあらルーム
こあらルーム

こあら組は7名の子供たちでスタートし、早1ヶ月が過ぎました。
新しいクラスにも慣れ毎日元気な声が聞こえて、とてもにぎやかで笑顔の絶えない暮らすです。
女の子はおままごとが大好きで、洋服を着てお母さんになりきってみたりしています。
男の子はとにかく車電車が大好きな子が多く、ブロックで線路を作ってみたり電車車を作ってみたりしながら遊んでいます。
5月には園外保育で潮田公園へ行きました。散歩ではなかなか行くことのできない場所で子供たちは自作のおもちゃを持参し遊んだり、自然散策をして楽しみました。

今年のクラスのテーマは「おひさま」です。
毎日笑顔でおひさまのように優しくあたたさくキラキラとしているクラスを目指して1年間過ごして行きたいと思います。


ぱいくルーム
5月23日ぱんだいるかくじらぐみの園外保育を行いました!
昨年に引き続き、鶴見線に乗って自然いっぱいの入船公園に行ってきました。
特にぱんださんは電車に乗っての遠足は初めて。ドキドキワクワクしているのがよく伝わってきました。
入船公園は自然がたくさん。保育園の近くのきっちりと整備されている公園ではなかなかできない遊びを存分に楽しむ姿が見られました。
葉っぱや木の枝やお花などを使ってはレストランごっこが始まったり、頭につけておしゃれをしたり、広〜い広場をおもいっきり走り回ったり…そして何よりもお母さんが作ってくれたお弁当を自然の中で美味しく食べました。
のびのびとしたこどもたちの姿を見てやっぱり自然っていいなーと改めて思いました!

保育園の近くでは、ここまで存分に楽しめる環境が少ないのでなかなか難しいこともありますが、少しでも多く自然に触れて楽しめるような工夫をしていきたいと思います。

ぱいくルーム


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト