障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
トップ>かんがるーえぴそーど>過去のかんがるーえぴそーど
過去のかんがるーえぴそーど
最新のかんがるーえぴそーど

過去の特集

心の声
  リクルート 求人情報

保育の様子

カンガルーエピソード

ぺんギンルーム
新年度を迎え、ひよこぺんぎん組さんは8名のお友達でスタートです。
新しく入ったお友達は、初めての集団生活です。
保護者の方と離れて、初めは泣いてしまう事も多かったのですが、
1か月が過ぎると、お友達同士で名前を呼び合ったり、お気に入りのおもちゃで楽しく遊んだり、笑顔がいっぱい見られるようになりました。
保育園の中で一番小さな年齢の0、1歳児のクラスですので、これから毎日新しい経験が待っています。
楽しい事も大変な事もいっぱいありますが、沢山の人と出会い、色々な事に触れ、わくわくしながら心豊かなお子さんに育っていって欲しいと思います。
ぺんぎんルーム

こあらルーム
こあらルーム
今年のこあら組は10名でのスタートになりました。
はじめは,「ぺんぎんさん」と呼ばれると思わず返事をしていた子ども達ですが、
「こあらさーん!」と声を掛けると「はーい!!」と元気なお返事が返ってくるように
なりました。少しずつですが、新しい部屋にも慣れてきています。
日々の生活の中でお友達が困っていたり、泣いていたりすると近くまで行き
「大丈夫?」と思いやりの一言。とても心が温まりました。
思いやりは大切なことですよね。
こあら組ではこれからもお友達と泣いたり、笑ったり沢山の経験をして、1年間過ごしていきたいと思います。

ぱいくルーム
あっという間に気温もグッと上がり、夏のような暑さが続いていますね。
保育園の中は子ども達の元気な声と笑顔であふれています。
4月、5月はたくさんお外に遊びに行きました。
特に、鶴見川の遊歩道では沢山のお花や植物やてんとうむし、ちょうちょうなど自然のものに触れて遊びました。
お花やはっぱを使ってごはんをつくっておままごとをやってみたり、お花の指輪を作ってみたり、遊びが発展しています。
またお砂遊びでは、泥団子を上手に作れるようになったり、子ども達の成長も沢山見られるようになってきています。
5月末には園外保育に行ってきます。
楽しい思い出を作っていきたいと思います。
ぱいくルーム


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト