障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
トップ>かんがるーえぴそーど>過去のかんがるーえぴそーど
過去のかんがるーえぴそーど
最新のかんがるーえぴそーど

過去の特集

心の声
  リクルート 求人情報

保育の様子

カンガルーエピソード

ぺんギンルーム
0歳児クラス5名、1歳児クラス10名のお友達がにぎやかに過ごしてきたひよこ、ぺんぎん組さん。早いもので間もなく進級です。
3月20日、発表会、卒園式がありました。
入園間もない頃、哺乳瓶でミルクを飲んでいたお子さんが、立派にダンスや手遊びをしてくれました。
運動会の時はほとんど泣いていたお子さんが、保護者の方と離れてステージに上がる事が出来ました。
まだ小さいおともだちも、みんなそれぞれ、音を聞いて楽しんだり、体を揺らして参加しました。
沢山練習して、時には道具や場所の取り合いで喧嘩をしたり・・。
それでも泣いているお友達に、“どうしたの?”と声をかけて頭をなでたり場所を教えてくれるお子さんがいました。
泣いて、笑って、触れ合って、未だ小さいけれど温かく育ってくれたな〜、と思いました。
1人1人のペースで、これから又沢山楽しんで欲しいと思います。
ぺんぎんルーム

こあらルーム
こあらルーム

早いもので今月でこあら組の1年間が終わります。
今年のこあら組は途中入園・退園のお友達が多く何回も出会いと別れがあったクラスでした。
その度に周りの子は「あたらしいお友達?ママいないから泣いてるの?」と優しく気にかけてくれたり「○○くんもうカンガルー来ないの?」と少しさみしそうな顔を見せたり、お友達のことをよく気にかけてくれました。
きっと新しくカンガルーに入った子どもたちはクラスのお友達のおかげで保育園に慣れることができましたね。

発表会では、みんなで練習したしあわせならてをたたこうの手話と3匹の子ブタの劇を披露しました。
お休みのお友達もおり4人での発表となりましたが、いままで一緒にすごしたお友達と劇のストーリーをつくり、練習してきたからこそ舞台の上にあがったとき、それぞれがんばれたのだと思います。

途中でお別れしたお友達も含め、みんなであそんだこと、歌ったこと、笑ったこと、競争したこと、ケンカをしたこと、たくさんの経験を持ってぱんだ組になってください!


ぱいくルーム
1年間というのはあっという間で、ついこないだこのクラスでスタートをしたような気持ちでしたが、3月も後半。最後の行事発表会&卒園式が無事終了しました。
卒園式のまえにはみんなで最後のお別れ遠足。毎年恒例のキッザニアに行ってきました。キッザニアでは、パン屋さん・車の整備士・マジックショー・新聞記者・バナナ屋さん・デザイナーなどなど沢山のお仕事を経験することができ、子どもたちは終始大興奮でした。今年度の最後に素敵な思い出を刻むことができましたね。
まだまだ先ですが、みんなが大きくなって進路を決めるとき、あんなことやったな!と思い出してくれたらいいなと思ったりします。
発表会&卒園式では、ぱいくさんはたくさんの発表をしました。
1年間通して楽しんできた楽器や歌、手話。最後の最後でハマッたはらぺこあおむしの音楽劇。
みんなの大きな成長に、担任は涙があふれてしまいました。
そしてたった1人の卒園児つばさくんのピアノの発表に大歓声。
1才から6才までカンガルーにいたつばさくん。
くじらぐみになってからは急速にしっかりして、カンガルーのみんなのおにいちゃんとしてみんなの憧れの存在になりましたね。
小学校に行ってもカンガルーのことを忘れないでまた遊びにきてね!!!卒園おめでとう!!
ぱいくルーム


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト