障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
トップ>かんがるーえぴそーど>過去のかんがるーえぴそーど
過去のかんがるーえぴそーど
最新のかんがるーえぴそーど

過去の特集

心の声
  リクルート 求人情報

保育の様子

カンガルーエピソード

ぺんギンルーム

運動会に参加しました。
皆が普段から大好きなマットやジムキッドを組み合わせた山、トンネルなどの障害物競走では皆泣かずに大活躍。
特に一歳児にとっては、高さがある山には大人の心配をよそに、自分の力だけで登ろうと必死です。自分より高い山に挑戦して登りきった後は、「笑顔」にあふれていました。
昨年泣いて参加できなかったお友達も、とってもかっこよかったです。

これからも沢山の「できるかなあ?」から「できた!」に変わって、とびきりの「笑顔」を見せてくれると思います。
ぺんぎんルーム

こあらルーム
こあらルーム

毎日一生懸命に練習して大きな成長をしたこあら組も、運動会が終わってお絵かきや歌やゲームを楽しむ時間が増えてきました。
お散歩にも出かける時間が増えて「とんぼだーっ」「これなぁーに?」と秋の自然に興味を持ちながら遊び、「落ち葉をあつめようね」と声をかけると「これは?」「これも〜!!」と言ってみんなで楽しみながらそれぞれの形や色の葉っぱをあつめて、落ち葉製作に向けてワクワクしました。
次の園外保育に向けて、お友だち同士手をつないでたくさんお散歩をしたいと思っています。


ぱいくルーム

ぱいくさんは春から夏にかけてトマトの栽培や枝豆の栽培を行っていました。
そして秋もなにか野菜の栽培ができないかなーと考え色々と探してみました。
カンガルーには園庭がないためベランダでプランターを使うことしか栽培の方法はないのですが、様々調べた結果、お部屋でできるきのこ栽培と麻袋でできるじゃがいも栽培に出会いました。
早速みんなでのお世話がスタート!!栽培を始めて1週間でしいたけが食べられる状態まで育ったため先日みんなでホットプレートで焼き醤油をかけてたべてみました。子どもたちは大喜びでした。
じゃがいももグングン育っており毎日のお当番さんのみずやりのお仕事にみんながついていって行列ができています。
今からどんな風に食べようかとみんなで考えています。
大きくなるのを楽しみにしながら一生懸命お世話をして食への興味が広がっていったらいいなと思っています。

ぱいくルーム


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト