障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
トップ>かんがるーえぴそーど>過去のかんがるーえぴそーど
過去のかんがるーえぴそーど
最新のかんがるーえぴそーど

過去の特集

心の声
  リクルート 求人情報

保育の様子

カンガルーエピソード

ぺんギンルーム

運動会の練習に励んでいます。新しく入った子どもたちも楽しく参加しています。
山を登ったり、トンネルをくぐったり・・子どもたちが大好きなものばかり。
準備をしていると、まだかまだかと首を長くして待っています。
自分のやっている時も「笑顔」、お友達がやっている時も保育者と一緒に「笑顔」で
応援しています。今年の運動会のテーマは「スマイル」。
大人の私たちにも言えることですが、失敗を怖がらず、泣かずに最後まで「笑顔」でやり終えて欲しいという想いがあります。

当日を楽しみに、毎日の練習が出来るように盛り上げていけたらと思っています。
ぺんぎんルーム

こあらルーム
こあらルーム

運動会に向けて、毎日練習を重ねています。
難しいことにもみんなでチャレンジしています。並ぶ順番を忘れてしまったり、新しいことに戸惑って立ち止まってしまうお友だちに自然と応援する子どもたちの姿があります。
「自分でやりたい気持ち」が育っていく中で「友だちと一緒にやりたい気持ち」が増えているようです。周りを意識しながら自分も頑張るこあらさん。

本番では、みんなのきらきらな笑顔が見られると思います。

ぱいくルーム

10月の運動会にむけて毎日一生懸命に練習に取り組むぱいくのみんな。大きいクラスは小さいクラスに比べて出る種目も多く練習は大変ですが、「パパやママにかっこいい所をみせたい」「みんなと一緒にがんばりたい」「最後の運動会だからがんばる」など子どもたちの中に色々な感情がわき上がってきているようです。
カンガルーの運動会で毎年恒例になっているぱいくさんのピアニカ演奏に合わせての入場行進。
ぱいくさんはピアニカの演奏をしながら歩いていきます。ぱんだぐみは4月にピアニカを始めたばかりですがとっても一生懸命な姿が感動を誘います。
運動会当日はみんな立派にかっこいい姿が見られますがそれまでには毎日の練習の積み重ねがあります。
毎朝くじらぐみいるかぐみのお兄さんお姉さんが自発的にぱんだぐみのお友達にぴったりついて手取り足取り教えながら練習をしてくれています。これもカンガルーの伝統になっています。
みんな小さいときに大事にしてもらい教えてもらったことを覚えていて自分もやってあげたいと自然に身についてきたようです。

運動会当日、みんなの成長した最高のスマイルを見せていきたいと思います!
ぱいくルーム


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト