障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
トップ>かんがるーえぴそーど>過去のかんがるーえぴそーど
過去のかんがるーえぴそーど
最新のかんがるーえぴそーど

過去の特集

心の声
  リクルート 求人情報

保育の様子

カンガルーエピソード

ぺんギンルーム

身近な食材「小麦粉」で粘土を作って遊びました。
小麦粉を大きな入れ物に少しずつ入れていくと「なんだろう?」と身を乗り出す子どもたち。さらさらの感触や粉が舞い上がるのを楽しみ、水を加えて固まり始めると、不思議そうに保育者の手のひらを見つめていました。
恐る恐る指を近づけ触った瞬間表情が変わり、そこからちぎったり、のばしたり、丸めたり・・。皆思い思いの形を作りました。

粉の中に一緒に手を入れたり、こねたりしたときに人との関わりや暖かさを感じたり、初めての感触にたとえ小麦粉でも感動しています。年齢が高くなれば素材を見た目で判断出来てしまうため、今しか出来ない感触遊びを大切にし、これからも素材を変えて遊びたいと思います。

ぺんぎんルーム

こあらルーム
こあらルーム

絵の具を溶かした色水を使ってジュース屋さんごっこをしました。
色を見て何味のジュースにするかを決めたり、2つの色を混ぜて色の変化を感じたりして遊んでいます。
同じ色でもひとりひとり表現する味が違ったり、同じ色を混ぜても出来上がったものはひとつひとつ違ったりしてそれぞれの個性溢れるジュースが出来上がりました。

中には「ピンクの優しい味のジュース」などと表現する子もいて、色を見てそういう風に感じているのだということに驚きました。
遊びを通しもっと子ども達の想像力を広げていきたいと思います。


ぱいくルーム

毎日暑い日々が続いていますね。7月半ばよりプール遊びを始めました!…がしかし、ぱいくさんには雨女か雨男がいるのか…プールの日に限って雨に降られてしまったり、気温が低かったりでなかなかプールに入ることができませんでした。。残念。。
それでも初日のプールではみんな大騒ぎでした。手や水鉄砲を使ってみずを掛け合ったり顔をつけてみたり、水と仲良くなってとても楽しんでいる姿をたくさんみることができました。7月は保育園のベランダに出したビニールプールでしたが、8月は保育園の近くにある公園のプールにも進出予定です!!

さあ8月は天気に恵まれますように…お日さまの頑張ってもらいましょう!!
ぱいくルーム


トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト