障害児、療養児(病児)と健常児の統合保育を行う横浜市鶴見区の保育園

ホーム
カンガルー統合保育園 保育概要 保育の様子 入園案内 心の声 お知らせ お問合せ
トップ>かんがるーえぴそーど>過去のかんがるーえぴそーど
過去のかんがるーえぴそーど
最新のかんがるーえぴそーど

過去の特集

心の声
  リクルート 求人情報

保育の様子

カンガルーエピソード

5月保育の様子

ひよこ・ぺんぎん組

入園、進級から二ヶ月が経ちました。GW明けは少し涙に戻り気味だった入園したてのお友達も、今ではすっかり笑顔が増えました。
五月は新クラスになり、新しいお友達との仲が深まった1ヶ月でした。お名前を呼び合ったり、遠くから声をかけて誘ってみたり。小さいお友達の頭をなでてあげたり、一緒に寝転んでみたり。特におトイレに行くときは、手をつないで“一緒に行こう”と誘ったり、ロッカー前に行って紙オムツを取ることを促してあげたりなど、見ていて微笑ましくなります。新クラス、ひよぺんさんのカラーが少し出てきたようです。
これからの1年間、一緒に遊んだり、様々な経験を通してさらに仲良くなるようすや、エピソード、活動のようすなどをお伝えできればと思います。

ひよこ・ぺんぎん組
※写真クリックで拡大
ひよこ・ぺんぎん組
※写真クリックで拡大


いるか・くじら組

子どもたちと折り紙を使って、いるくじ動物園を作成しました!!
動物を個人で折り、出来あがったものを模造紙に貼り、絵を描き加えて完成という単純な共同製作でしたが、子どもたちの真剣な表情や面白い発想に驚くばかりでした。

「ぱんだは笹を食べるんだよね」「ゴリラはりんごかな」と動物の檻のなかにえさを描いてあげる所から始まり、ウサギは触れるところ・・・とか池を作ったら魚も描かないと・・・とか、飼育員のおじさんが食べられてしまう・・・とか・・・色んな想像が膨らんでいきました。
子どもたちは自分の持っている知識の引き出しを全部開けて色んな想像をして、またそれを他のお友だちと共感したり、ぶつかりあったり、話し合ったりしながら最終的にみんなで完成をさせてくれました!!

いるか・くじら組
※写真クリックで拡大
いるか・くじら組
※写真クリックで拡大
いるか・くじら組
※写真クリックで拡大
 
共同製作第一弾でこんなにも力が出せるとは思っていませんでしたが・・・これからが楽しみないるくじさんです?


春の園外保育

突然の雨など天候の安定しない5月でしたが、どのクラスもそれぞれの年代にあわせた春の園外保育を楽しみました。

ひよこ・ぺんぎん組

5月22日に園外保育を計画していましたが、残念ながら雨天になりホールで遠足ごっこをしました。
手作りの望遠鏡を1人1つずつ持ってホールへ探検へ。壁や柱にはたくさんのお花や葉っぱ!みんなで”何色のお花があるかなぁ?”と探したり、大きな葉っぱや小さな葉っぱを探したり。グループごとに摘んで集めてお部屋の壁面として大きな木に飾りました。
望遠鏡を目に当ててホール中を探検。なぜか鼻に当ててしまう子もいました(笑)床の模様や窓からみえる雲も大発見にしてしまうひよぺんさん。お友だちどうしで教えあったり、遠くから声をかけあったり、仲も深まった1日でした。
おべんとうはシートを広げて丸くなって食べました。ママ手作りのおべんとうをみんな嬉しそうにモリモリ食べ、どの子も残すことなく完食でした!
本来予定していた潮田公園には、後日おさんぽとして望遠鏡を持参し、リベンジしていきたいと思っています!

ひよこ・ぺんぎん組
※写真クリックで拡大
ひよこ・ぺんぎん組
※写真クリックで拡大
ひよこ・ぺんぎん組
※写真クリックで拡大
ひよこ・ぺんぎん組
※写真クリックで拡大


こあら・ぱんだ組

5月18日(金)に園外保育に行きました
あいにく天気が不安定だったため三ツ池公園から潮田公園へと行き先が変更になりましたが、いつもよりも長い時間思いっきり遊び楽しんできました。

大きなアスレチックなどの遊具では、恐る恐るへっぴり腰で挑戦する子や機嫌よく上ったのはいいものの降りれなくて慌てる子、できるようになったことに喜ぶ子など多くの声や表情が溢れました。
シャボン玉遊びもしシャボン玉を吹いたり、追いかけたり…そのうちに"誰が一番大きく作れるか""どこまで遠くに飛ばせるか"などの競争へ発展する姿が見られましたよ。

こあら・ぱんだ組
※写真クリックで拡大
こあら・ぱんだ組
※写真クリックで拡大
こあら・ぱんだ組
※写真クリックで拡大
 

そんな子ども達と同じように遠足に来ていたアリの行列にも遭遇しました。アリがどこに行くのかと目で追ったり、重い荷物を持つアリを応援したり、時には自分達がアリになって行列を作って歩いたり……あれれ?アリの行列のはずがいつの間にか電車に早変わり!?なんてこともあり、子ども達の思い思いの遊びが飛び交う1日となりました。
お弁当は園に戻ってからとなりましたが、「いただきます」と同時に急な雷と大雨!ついているのかついていないのか…でもどんな天気でも笑顔いっぱいのこあぱんさんです。

いるか・くじら組

5月25日、いるか・くじらぐみ春の園外保育として旭区にあるこども自然公園にいってきました。
今回は電車に2つも乗り、沢山歩く場所でしたがみんなよくがんばりました!!
雲行きの怪しい中、なんとか公園につきましたが、遊び始める前にやはり雨が降ってきてしまいみんなでカッパをきて公園内を探検しました。子どもたちはどんなことも楽しい事に変えてしまう魔法使いのよう・・・雨の中もいつになく可愛い笑顔を沢山見せてくれました!

いるか・くじら組
※写真クリックで拡大
いるか・くじら組
※写真クリックで拡大

みんなのお目当ての『とりでの森』というアスレチックにつくと雨がやみ、少しだけでしたが難しいアスレチックに挑戦したり、長―いローラー滑り台を満喫することができました!!
そのあとはみんなのお待ちかねのお弁当!!木の下で雨宿りしながらたべました。

予定通りにはいきませんでしたが、この新クラス初行事でいつもと違うおもしろ体験ができ素敵な思い出が作れ良かったと思います!!いつかみんなとリベンジしたいと思います!!!



トップへ


ホーム 個人情報の取扱い リクルート



コピーライト